ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

ある出産

ショートショートあるショートショート

ある出産   玉生洋一

 まだ夜明け前の産院。
 待合室では一人の青年が所在なげに歩き回っていた。
 そこに通りかかった老医師が見かねた様子で青年に話しかける。「まあまあ、あなた。落ち着いて、少しお座りになったらいかがです?」
「はぁ、すいません。なにせ初めてのことなので……」
 青年は老医師に促されるまま長椅子に座ると、喜びを押さえきれない様子で言葉を続けた。
「何しろ、僕と彼女の赤ん坊が産まれるんですよ! 運命の出会いをした僕と彼女の子供! きっとかわいいに違いない……」
 老医師は顔に穏やかな笑みをたたえながら相づちをうった。「ほほう、運命の出会い?」
「実はですね。その日、僕はたまたま街角で手相を見てもらったんです。そうしたらその占い師が『真夜中の教会であなたの運命の人が待っている』なんて言うんですよ。そんなわけないと僕も思いましたよ。でもね、半信半疑で近くの教会に行ってみたら、いたんです。彼女が! 僕達はすぐに恋に落ちました。後で聞いたら偶然彼女もその日、ある占星術師に『教会に運命の人が来る』って言われたそうなんです。どうです、運命でしょう?」
「ははぁ……」
「何です? 信じてくれないんですか? 本当ですよ」
「いえ、信じますよ。だって、実を言うとその占い師は両方とも私ですから」
「え?」
 驚いた青年が見ると、いつの間にか老医師は真顔になっていた。
「ちょ、ちょっと待って下さいよ。なんでまた、そんなことを?」
 老医師はゆっくりと話し始めた。「私は昔からこの産院で働いているのですが……、ある時2人の赤ん坊を取り違えてしまったんです。よりによって出産直後の男の子と女の子をね。発覚が恐くてずっと言い出せなかったんですが、やはり罪悪感からは逃れられない」
「……? だったら正直に話せばよかったじゃないですか」
「その頃にはもう子供も大きくなっていて、両家族とも幸せに暮らしていたのです。私の告白がその幸せな生活を壊してしまうと思ったら、とても言い出せなかった。だが、このまま黙っていては、親御さんは自分と血の繋がっていない孫、ひいては曾孫を抱くことになるかと思うといたたまれず……。私は考えました。そして、取り違えた2人同士が結婚すればいいということに気づいたんです。そうすれば、生まれてくる孫の血筋も元通り」
「まさか……」
「そう。占い師に変装した私は、取り違えた2人を引き合わせることに成功しました。そして今日、その2人には赤ん坊が生まれようとしている……」
 老医師は突然青年の足下にひれ伏すと、頭を床にこすりつけながら叫んだ。
「申し訳ない! 全部私が悪いんだ。秘密にしておくつもりだったのだが、あなたの顔を見たら黙っておくことができなくなって……」
 泣きながら土下座をする老医師に、青年はそっと手を差しのべた。
「……いいんですよ。取り違えの件はショックですが、そのおかげで僕は彼女と出会うことができたんですから……」
「許してくれるのですか!?」老医師の顔に明るい表情が戻るのと同時に、窓からは朝日が差し込んだ。
「ええ。あなたの過ちは、全部水に流しましょ……」
 そこまで言った時、突然青年の体が小刻みに振動を始めた。老医師は心配そうに覗き込む。「ど、どうしたんです?」
「そういえば……」青年は一瞬で土気色に変わった顔を震わせながら言った。
「うちの奥さんって姉さん女房でしてね……」
「へ?」
 青年は凄まじい怒りに満ちた目で老人を睨みつけて言った。
「つまり……あんたは僕と……僕の兄貴を間違えたんだ!!」

 次の瞬間、産室からは禁断の産声が高らかに響き渡った。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 友人の某ご夫婦をはじめ、2001年ベイビーをご懐妊のみなさん、おめでとうございます。こんな小説は縁起でもないでしょうが、それとは関係なく元気な赤ちゃんを産んで下さい。夫婦の関係にはご注意を!
(2000/12/20)

初出

ショートショートあるショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr