ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

ぼくはボクサー

ショートショートスポーツショートショート

ぼくはボクサー   玉生洋一

 僕はボクサーだ。
 自慢じゃないが、かなり強いんだぜ。百年に一人の天才的な素質を持ったボクサーなんだ。
 本当だよ。嘘じゃないってば。
 ……ってこんな格好で言っても信じてもらえないかな。
 テンカウントが数えられゴングが鳴り響く中、僕は苦痛に顔を歪めながらリングに横たわっていた。僕は今、まさにKOされたところなのだ。
 強いなんて嘘じゃないかって? とんでもない! 僕は嘘なんかついてないさ。ただツイてないだけなんだ。
 僕が強いのは本当さ。だけど、奴はもっと強いんだよ。
 負け惜しみじゃないぞ。奴こそ千年に一人の超天才ボクサーなんだ。僕がボクサー山の頂上にいるとしたら、奴はその遥か上空に浮かんでいるんだ。
 こんなの反則もいいところだよ。
「挑戦者は7度目の世界挑戦でしたが、またも破れ去りました!」
「駄目ですねぇ。全然なってませんねぇ。期待はずれですねぇ。もう引退でしょうねぇ」
 解説席ではかつての世界チャンピオンが勝手なことを喋っている。
 フン! あんたに何が分かるっていうんだ。あんたがチャンピオンになれたのは、あんたの時代に奴がいなかったからなんだ。もし奴が十年早く生まれていたら、苦労していたのはあんたの方なんだぞ! そして、僕は今ごろは簡単に世界チャンプに……。
(じゃあ、そうしてやろうか?)
 変な声がかすかに聞こえたかと思うと、僕の意識は急に遠くなり、再び目覚めた時は自宅のベッドの上だった。
「もしや」と思い、僕は側にあったボクシング雑誌を引っ張りだした。
 そこに奴の名前はなかった。
 古雑誌をひっぱりだして見ると、10年前の雑誌に奴は載っていた。世界チャンピオンに何年も君臨した後、3年前に引退している。
「やっぱり!」僕は踊りだしそうになった。僕の願いが天に通じたのか、奴は僕の目の前から消え失せ、過去の人間になったのだ。
 奴がいなければ世界チャンピオンになるなんて簡単だ!
 ……と思ったのだが甘かった。
 テンカウントが数えられゴングが鳴り響く中、僕は苦痛に顔を歪めながらリングをのたうちまわっていた。僕はまたKOされたところなのだ。
 しかもこれは世界タイトル戦ではなく、日本ランキング戦なのだ。
 どうやら、奴がチャンピオンだった数年間で、ボクシング界はかなりのレベルアップを果たしたらしい。奴に立ち向かうために、皆の実力が底上げされていたのだ。
 僕は日本チャンプにもなれないまま、引退間近になってしまった。
 こんなの嫌だ! どうせなら奴を未来の人間にしてくれればよかったのに!
(じゃあ、そうしてやるよ)
 次に目覚めたとき、世界から奴のすべてが消えていた。古雑誌にも奴の名前はない。僕の願いはまたも聞き入れられたのだ。
 おかげで僕は簡単に世界チャンピオンになることができた。当然だ。奴さえいなければ、僕の実力はけた外れなのさ。
 僕は防衛回数を伸ばし『最強』の伝説を作った。当然女にももてる。僕はボクサーを引退すると、とびきりの美人と結婚した。
 幸せだ。こういうのを『成功した人生』と言うんだろうな。
 輝かしい栄光に支えられた余生を想像するだけで、僕の顔はゆるみっぱなしだよ。もうすぐ赤ん坊も生まれるんだぜ。彼女との子供なら、きっとかわいい子が……。
「!!!」
 生まれてきた赤ん坊の顔を見た瞬間、僕のとろけた顔はたちまち凍りついた。
 奴そっくりの顔がそこにあった。
 本当に僕はツイてない。よりによってこれからの人生を、家庭内暴力におびえながらビクビクと過ごす羽目になるなんて……。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 かつて自分が受験に失敗した学校のレベルが今は下がっていたら……似たようなことを考えますよね。
 私自身は特にボクシングに詳しいわけではないんですが、格闘技は全般的に好きです。時代の違う二人を戦わせたいというのは、格闘技ファンの永遠の夢でしょうね。
(1999/4/28)

初出

ショートショートスポーツショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr