ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

スピード勝負

ショートショートSFショートショート

スピード勝負   玉生洋一

 月で一番の大都市、ムーンシティ。ここにウォン氏とローズ氏という勝負事の好きな二人が住んでいた。
 二人はことあるごとに金を賭けては対決した。しかしたいていの場合、負けるのはローズ氏の方。
 ローズ氏は挽回しようと、次々とウォン氏に勝負を挑むのだが、ウォン氏が自分が得意な勝負しか引き受けないこともあって、ことごとく負けてしまうのだ。
 ウォン氏は賭けに買ったお金で会社を始め、成功を収めた。一方、ローズ氏はその日の暮らしにも困る有り様。
「なんとか一発で逆転する方法はないものか……」
 ローズ氏は頭をひねった。ようするに、今まで負けた分以上の金を賭けた勝負で勝てばばいいわけだ。
「何かをこっそり練習して、上達したらそれで勝負を挑もうか……。いや、だめだ。おれは今すぐに逆転したいのだ。ジャンケンのような、運がすべてのゲームだったらすぐに勝てるかもしれない……。いや、だめだ。ウォン氏がそんな勝負に大金を賭けるわけがない。だいたい、大金を賭けるのだから、並大抵の勝負ではあいつが承知するわけがないんだ。あいつが承知しそうで、なおかつすぐに勝負がつく大勝負……」
 ローズ氏は考えに考えたあげく、ウォン氏を自宅に呼び出してこう言った。
「今度の勝負には十万ドル賭けないか?」
「随分大きく出たな。今まで負けた金を一気に取り戻そうってわけか。いいだろう。ただし、それだけの大勝負なんだろうな」
「ああ。今までにない大勝負だ。ズバリ、地球を一万周してここに先に戻ってきた方が勝ち……というのはどうだ?」
「一万周? 確かにスケールがでかいな。いいだろう、受けて立とう。おれの自家用スペースシャトルを使えば一万周くらいわけないからな。で、お前はどうするんだ? 何か乗り物を持っているのか?」
「いや、何も」
「なんだ。それじゃ、勝負はもう決まったようなもんじゃないか」
「確かにもう決まってる。……おれの勝ちだ」
「なに!?」
「おれは乗り物なしでも一万周してみせるって言ってるのさ。分かっていないようだな。地球は一日で一回転するんだぞ。月で暮らしていれば二十八年で軽く一万周を超えるんだ」
「アッハッハハハ! 随分と気の長い話だな。おれは数日もあれば一万周できるんだぜ」
「もちろん、おれはそれよりも早く戻ってくるつもりさ」

 ローズ氏がそう言った瞬間、二人の前に突如として一人の老人が出現した。
「やあやあ、間にあったようじゃな。ワシは今、乗り物なしで一万周してきたところじゃ」
 ローズ氏そっくりの顔立ちしたその老人は、そう言って得意げに笑った。
「もっとも、ここに来るためにはちょっとだけ乗り物を使ったんじゃがな」
 老人の手に握られたチケットには『普通乗車券・三十年前行』と書かれていた。
「タイムマシンを使ってはいけないというルールはなかった。どうやらワシの勝ちのようじゃな」
 未来のローズ氏がそう言うと、現代のローズ氏は歓喜のガッツポーズをしながら叫んだ。「じいさん、あんたの勝ちだ! そしておれの勝ちだ!!」











 ……というのが現代のローズ氏が考えた筋書きだったのだが、思惑に反して未来のローズ氏は一向に現れなかった。
「なんでお前の勝ちなんだ?」ウォン氏はいぶかしげにローズ氏を責めたてる。
「ええと……それは、その……、と、とにかくおれの勝ちなんだ」ローズ氏は焦った。この計画を立てた瞬間に、自分は三十年後にタイムマシンに乗ることを心に誓ったはずだ。なのに、何で今ここに未来の自分は現れないんだ……!?
「だからなんでだよ! なあ? なあ?」
「それが……その……」しどろもどろで汗だくになったローズ氏はおずおずと切り出した。「……ところで、一万周はやっぱり多すぎるだろう。五千周にしないか?」
「え? 別に構わないが……」
「いや……、四千周、三千周、二千周、千周……。ええい! いっそのこと五百周に……」ひとことずつ噛み締めるように言葉を口にしながら、ローズ氏は今にも泣き出しそうな顔で懇願する。
「……? いいけど?」
 ウォン氏がそう答えたその時である。待望の未来のローズ氏が「やあやあ」と笑顔をふりまきつつ、二人の前に現れた。
 賭けはめでたくローズ氏の大勝利。しかし、当の現代のローズ氏は浮かない顔をしている。
 不思議に思ったウォン氏は尋ねた。「お前、賭けに勝って大金を手に入れたっていうのに嬉しくないのか?」
「そりゃ、嬉しいさ。だけど……」
「だけど?」ウォン氏が顔をのぞき込むと、今にも泣き出しそうな顔のローズ氏が言った。 
「いくら金をもらっても、自分の命があと三年もないと知って喜べるものか!」






評価

面白かった→●

作者からひとこと

 今回は変則スタイルでお届けしました。
 目次に文庫本2ページ分とあるのは嘘で、本当は3ページ分あります。だましてごめんなさい。
 近未来が舞台というのが分かり難かったようなので、「ショートショート・メールマガジン」に掲載したものに加筆しました。いかがでしょうか。
(1999/2/23)

初出

ショートショートSFショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr