ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

セミの声

ショートショート動物ショートショート

セミの声   玉生洋一

「ミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ン」

「ああ〜ッ! もう、うるさくて勉強が手につかないよ」
 マサルはエンピツを投げ出すと、頭を掻きむしった。
 浪人2年目の夏。今が一番大事な時だというのに……。

「ミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ン」

 窓を閉めればよさそうなものだが、冷房がないマサルの部屋はただでさえ暑いのだ。窓を開けておかなければ、たちまち蒸し風呂になってしまう。
 チリーン。涼しげな風鈴の音も、マサルの頭を冷やすには至らない。マサルはとっさに叫んだ。「うるさい〜! 黙れッ!!」

「ミ〜ンミ……、……」

 たちまち静寂がやってきた。
 マサルは驚いた。「な、なんだ? こいつら、おれの言葉が分かるのか?それとも、おれはセミを操る能力を持った男だったとか?」

「……〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ンミ〜ン」

 すぐに再び鳴き出したセミの声を聞いて、マサルは肩をすくめた。
「あ〜あ。セミの言葉がしゃべれればそれで大儲けして、こんな受験地獄からは抜け出してやろうと思ったのに……ま、そんなわけないもんな。あ〜あ」
 マサルは大アクビをすると、勢い良くベッドに倒れ込んだ。

【特別付録:セミ語対訳】

◆1行目「ラララおれたちゃ暑い夏が好き〜♪」
◆5行目「ルルルおれたちゃ短い青春を〜楽しんでいるのッさァ〜♪」
◆10行目「ラララおれたちゃ……、ひェッ……!?」
◆以下、14行目以降の会話。
「どうした!?」
「ウエ〜ン。今、ボクに向かって罵声を浴びせてきたヤツがいたんだ。ワ〜ン」
「なんだって!? 許せん! おおよしよし、かわいそうにな……。よっしゃ! この辺りにいる仲間を全員招集してやろう。今夜、皆でそいつを襲撃するんだ。だからボウズ、泣くのはおやめ」
「ホント? わーいわーい」
「フフフ。我々セミの力を甘く見るなよ……グフフフフフフフフフフフフフフ」

 セミは不気味に笑いながら、仲間を集めに飛び立っていった。

   *   *

 さて、その翌日。
「マサル! いつまで寝ているの。いい加減に起きなさい」
 マサルの母親が寝室のドアを開けると、ベッドはもぬけの空だった。
「マサル……? マサル! どこにいるの!?」
 母親はただならぬ事態を想像して、たちまち青ざめた。
 だがその時、部屋の隅から声が聞こえた。「母さん、ここだよ」
 何のことはない。マサルはすでに窓際の机に向かっていたのだ。
「脅かさないでよ、マサル。今日に限って何でこんなに早起きなの?」
 マサルは、さわやかな笑顔で言った。「いやぁ、今日はセミもいなくて勉強がはかどるんだよ」
「そう。それはよかったわね。……あら、窓のところにあった風鈴は?」
「あれ、そういえばないね。どこにいったんだろう?」

 風鈴はいくら探しても出てこなかった。

【特別付録II:風鈴語対訳】
◆8行目「うるせぇぞクソゼミ! 俺の音が目立たないんじゃボケェ!!」






評価

面白かった→●

作者からひとこと

 私の仕事部屋の網戸はセミの休憩所になっており、窓を開けたままにしておくとうるさいことこの上ないのです。とはいえ、セミの声と風鈴の音。焼肉と生ビール。夏っていいもんですねぇ。
(2000/8/7)

↑去年は余裕でこんなことを書いているのに、今年は7月の時点ですでに暑さに耐えられない。私が年をとって暑さが苦手になったのか、今年が異常に暑いのか……。
(2001/7/11)

初出

ショートショート動物ショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr