ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

ハゲタカの恐怖

ショートショート動物ショートショート

ハゲタカの恐怖   玉生洋一

 アメリカ旅行の最中、平原を車で走っていると突然強盗に襲われた。
 洗いざらいの金品を奪われたおれは、側にあった大きな岩の上に置き去りにされてしまった。大の字に手足を固定されてしまったので、身動きひとつできない。
 仕方なく空を眺めていると、雲一つない青空に何か黒い物体が舞っているのが見えた。
「……ハ、ハゲタカだ!」
 数羽のハゲタカたちは、だんだんこちらに近づいてきたかと思うと、突然おれ目がけて急降下して来た。
「や、やられる……!!」思わず目をつぶったおれをあざ笑うかのように、ハゲタカは途中でUターンすると、上空へと舞い戻った。
 そういえば聞いたことがある。ハゲタカは生きた人間は食わないんだっけ。あいつらは上空でおれが死ぬのを待ち構えているのだ。
「助かった……」おれはホッと胸をなで下ろした。
 幸いここはハイウェイの近く。数時間のうちには、通りかかった誰かに助けてもらえることだろう。

 悪いことは続く。日本の山道を歩いていると、またもや強盗に襲われた。
 洗いざらいの金品を奪われたおれは、側にあった大きな木の幹に縛りつけられてしまった。
 仕方なくボーっと夕闇を眺めていると、何か黒い物体が近づいてくる気配がする。
「……ク、クマだ!」
 一頭の巨大なクマはノッソリと近づいてきたかと思うと、静かにおれの顔をのぞき込んだ。
「や、やられる……!!」思わず目をつぶったおれは、必死に頭を回転させた。
 何とか助かる方法は……。そうだ、聞いたことがある。クマは死んだ人間は食わないんだっけ。死んだふりをすれば助かる! 演技などしたことのないおれだが、文字通り必死にやればなんとかなるだろう。
 おれはガックリと頭をうなだれると、懸命に死んだふりを始めた。
 我ながらうまくできたようだ。クマはしばらくの間おれを観察していたかと思うと、そのままどこかへ行ってしまった。
「助かった……」おれはホッと胸をなで下ろすと、目を開いた。

 照りつける太陽。目に飛び込んできた青空が眩しい。
「???」
 おれは瞬時にすべてを理解した。どうやら、いつの間にか眠り込んでしまっていたらしい。夢の中でおれは必死に死んだふりをしていたのだ。

 おれの首から下は、すでにハゲタカの昼食となっていた。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 熊に遭遇したら死んだふり……というのはウソみたいですね。
 痴漢に遭ったらバカの振り……これは本当。「パラピポピレバ〜」と叫び続ける女性の前では、誰しもやる気を無くします。ご活用下さい。
(2000/7/4)

初出

ショートショート動物ショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr