ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

バレンタインデー・キッズ

ショートショート恋愛ショートショート

バレンタインデー・キッズ   玉生洋一

「ねえ、チョコレート欲しい?」
 学校の帰り道。幼なじみの亜希に突然そう言われて、僕はドキッとした。
「そ、そりゃ欲しいけど、でも……」
「それじゃあねぇ、あたしに勝ったらあげる」
「えっ、勝つってなにで?」
「これよ。これ!」亜希は目の前にある数十段の石段を指さした。「先に下まで降りた方の勝ちよ。シンちゃんが『ちょこれいと』でゴールできたらチョコをあげるわ」
『ちょこれいと』とはチョキのこと。パーは『ぱいなっぷる』で、グーは『ぐりこのおまけ』である。つまり亜希は「ジャンケンで勝った方がその字数だけ進める」という、幼い頃によくやった遊びをやろうと言うのだ。
「え〜、恥ずかしいよ。それに……」
「じゃあ、チョコいらないの?」
 そりゃあ欲しいに決まってる。かくして勝負は始まった。
 僕は順調に勝ち続けた。何かを賭けていると気合いが入るものだ。大きくリードした僕は、早くもあと一回勝てばゴールというところまで降りてきた。
「ふふふ。もうチョコはもらったも同然だな」
「じゃあいくわよ。ジャンケン……」
「ポン!」
「グーよ。あたしの勝ちね!」
「ちぇっ。次こそは……」
 そこで、僕はハッと気が付いた。グーやパーで勝ってゴールしたとしてもチョコはもらえないのだ。僕はチョキを出すしかない。これじゃあ、どう考えても勝てるわけがないじゃないか!
「ずるいよ! だましたな」
「何言ってんのよ。最初からそういうルールだったでしょ」
 亜希は最初からチョコをくれる気などなかったのだ。僕はからかわれたのである。
「ジャンケンポン!」
 次々と勝ち続けた亜希はとうとう僕の隣までやってきた。
「さあ、これが最後の勝負よ」
「ああ……」
 僕は気のない返事をした。あたりまえである。どうせ勝てないのだから。
「いくわよ。ジャンケン……ポン! あ〜あ。負けちゃった。しょうがないわね。はい、チョコレート。じゃあね!」
 亜希は早口でそう言ったかと思うと、恥ずかしそうに最後の数段を駆け下りていく。
 その瞬間、僕の中に『あの日』の記憶が蘇った。
「……! 待て、亜希。止まるんだ!」
 そう叫んだときには遅かった。石段を下り終えた亜希に向かって、一台のトラックが猛スピードで突っ込んできたのだ。
「亜希ーッ」
 そうだ。十年前の今日。まだ小学生だった僕らは同じようにこの石段でチョコレートを賭けたのだ。そして亜希は……。
 トラックは亜希の体をすり抜けて、そのまま何事もなかったかのように走り去っていった。
 亜希はにっこり笑って「あの日もわざとパーを出しておけばよかったかな?」と言ったかと思うとふっと消えてしまった。
 一人取り残された僕の手には、十年前にはもらえなかったチョコレートがしっかりと握られていた。
「亜希……。もう2度とあの日には戻れないんだな……」
 僕はそう呟くと、開いたままだった右手の指を3本だけそっと握りしめた。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 今までと毛色の違う作品なので反響が心配だったのですが、妙に好評で驚きました。
 ぜひ情景を思い浮かべて読んでみて下さい。チョコレートの話なのに、なぜか甘酸っぱくなるようです。
(1999/2/16)

初出

ショートショート恋愛ショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr