ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

プロの殺し屋

ショートショートその他のショートショート

プロの殺し屋   玉生洋一

 あるところにプロの殺し屋がいた。
 彼は自分の仕事に誇りを持っていた。
 ある人間が幸せになるためには、死ぬべき人間も存在する。
 彼はその信念のもと、どんな依頼でも引き受けた。標的によって仕事を選ぶようなまねはしなかった。
 命は誰も平等。それが彼のプロとしてのポリシーだった。
 彼の心には迷いは何一つなかった。あるのはプロとしての誇りと冷静さだけだった。

 ある日、彼のもとに送られてきた依頼状には、彼の妻の名前が書かれていた。
 彼の素性は誰も知らないので、依頼人に他意はない。だが、さすがに彼はこの偶然を呪った。心から妻を愛していたのだ。
 断ろうかとも考えた。依頼人を捜し出して逆に殺すこともできる。だが、それは今まで貫いてきたポリシーに反する行為だった。
 請負金もすでに口座に振り込まれている。やらないわけにはいかない。
 決して曲がることのない信念は、彼の人差し指をほんの少しだけ曲げた。
 引き金は引かれた。

 それから数ヶ月後、彼のもとに送られてきた依頼状には、彼の愛娘の名前が書かれていた。
 妻を失って以来、唯一の心の支えだった娘である。殺すなんてとてもできない。
 だが、プロとしての誇りを捨てる方が彼には耐えられなかった。
 彼は親としての感情の方を捨てることにした。
 涙に濡れる手は、的確に娘の首を絞めあげた。

「ハァー」
 話を聞きながら、僕はため息をついた。世の中には色々な人がいるものだ。
「すごいプロ根性ですね。殺し屋はその後も、相変わらず冷酷に稼ぎ続けたんですか?」
「いや。間もなく彼は、首吊り死体となって発見された」
「ハハァ……。妻と娘を殺したという罪の意識に耐えられなくなったか、一人では孤独で生きていけなくなったか……」
「いやいや、そんな理由じゃない」
「え?」
「届いた依頼状に、今度は彼の名前が書いてあったのさ」






評価

面白かった→

作者からひとこと

 プロ意識を持つのは大切なことですが、それに縛られてしまってはいけませんね。それ以前に人を殺してはいけませんが。
(1999/6/14)

初出

ショートショートその他のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr