ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

学ぶ男

ショートショートその他のショートショート

学ぶ男   玉生洋一

 どんなことからでも学ぶものはある。
 些細な夫婦喧嘩をしてムシャクシャしていたその晩、おれはスーパーでバイトをしていた学生時代のことをふと思い出した。

   *   *

 おれが腐ってしまった精肉パックを廃棄処分しようとしたときのことだ。

「こら! 何をやっとるか!!」
 店長が突然、烈火の如く怒りはじめたのだ。
「これだから戦後生まれのやつは困る。もったいないじゃないか!」

「……でも店長。こんな腐ったのを食べたら腹を壊して薬代がかかっちゃいますよ。そっちの方がもったいないじゃないですか」

「ばか。確かにその肉を全部1人で喰ったら腹を下すだろうよ。だが、ほんの1口だけだったらどうだ?」

「確かにそれなら大丈夫かもしれないですけど……」

「だろう? つまりこうするんだ」
 店長は空のパック30個を手早くテーブル上に並べはじめた。
「今から1パック300グラムのミンチ肉をここに詰める。その腐った肉もミンチにして10グラムずつ混ぜるんだ。30パック詰めれば、腐った肉300グラムがきれいさっぱり消えるわけだ。どうだ?」

 店長はおれの顔を見ると、鼻を鳴らして得意げに微笑んだ。
 素直に店長の指示に従って作業をはじめたおれだが、2度とそのスーパーで買い物をしなかったのは言うまでもない。

   *   *

 そして現在。
 おれも客相手の商売をはじめてから早十数年。その晩、当時のスーパーの店長の気持ちがやっと分かったのだった。
 商売はなんといってもお客様に喜んでもらうのが第一。
 知らなくてもいいような情報をわざわざ客に教える必要はない。
 客が喜んでくれて繁盛しさえすれば、他のことなどどうでもいいじゃないか。

 あの晩から数日経った今日も、おれの院内からは満足げな客たちの会話が絶えない。
「ここの形成外科の先生って本当に腕がいいのよね」
「あたし、切断した指をくっつけてもらったんだけど、後遺症が残るどころか前よりきれいで長くなったような気がするもの」
「ところで先生の奥様、最近お見かけしないけれどどうしたのかしら?」






投票をお願いします

面白かった→

作者からひとこと

▼消費期限切れの食べ物を冷蔵庫で発見しても、すぐには捨てず、ぜひともこのテクニックを試してみてください(食中毒を起こしてしまっても責任はとれないので、くれぐれもほどほどに……)。
終盤のテクニックは決して真似しないように!

▼最初は
「自宅の冷蔵庫で腐りかけの肉を大量に見つけた男」
「少量ずつ毎日の料理に使っていくが追いつかない」
「タイムマシンで未来の自分に少量ずつ届けに行く」
「それを繰り返すうちに一生腐った食材しか口にできなくなる」
……といった構想だったのですが、結局発表通りの形に落ち着きました。

(2006/9)

初出

ショートショートその他のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr