ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

今年はツイてた(ver.2)

ショートショート笑いのショートショート

今年はツイてた(ver.2)   玉生洋一

 大晦日の夜。年越し麻雀をやっていると、誰からともなくこんな話になった。
「この中で今年一番ツイてた奴って誰だろう?」
「もちろんおれだよ。何たって今のところひとり勝ちだからな。たかられるのがイヤで言ってなかったけど、今年はツイてツキまくってたね。パチンコでも競馬でも勝ちまくったし。もう笑いが止まらないよ。わはははは」男は得意げに点棒をジャラジャラとを鳴らした。
「たいした額じゃないじゃないか。今年一番ツイてたのはおれさ。実はおれ、宝くじ当たっちゃったんだ。二百万円だぜ。すごいだろう。わははははははは」男は得意げに当たりくじを見せびらかした。
「私はギャンブルにも負けてばかりだったが……別にツイていなかったわけではないぞ。何しろ、私にはギャンブルの負けなど屁でもないんだ。言ってなかったけど先月親父が死んで、この家は私のものになったんだ。わはははははははははは」男は得意げに自分の家の一室の豪華な家具を見渡した。
「みんな違うな。一番ツイてたのはおれさ」
「なんでだよ。お前に今年何かいいことあったなんて話聞いてないぞ」
「それに今もビリだしな」
「そうだそうだ。一番ツイてなかったって言うんなら分かるけどな。お前、今年会社も潰れて、借金で大変なんだろ?」
「ああ。だけどそれも今日で簡単に返済できそうだよ。いや〜、てっきりみんな貧乏だとばかり思ってたぜ。わはははははははははははははははははは」男は得意げに出刃包丁を取り出した。






評価

面白かったらここをクリック!

作者からひとこと

 くわしくは『今年はツイてた』をどうぞ。
(1999/1/19)

初出

  • 1998年12月書き下ろし
  • ウェブ公開(1999/1/19)

ショートショート笑いのショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr