ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

最後の手段

ショートショートその他のショートショート

最後の手段   玉生洋一

「デビューを約束しよう」
 プロデューサーにそう言われた時、私は天にものぼる気持ちだった。
 男女六人でバンドを始めてからちょうど五年。私達の努力がやっと報われたのだ。
 この話を聞いたら他のみんなはどんなに喜ぶだろう。
 ギターのさとし、ベースのシンちゃんが「さっそく曲作りだ!」とはりきる姿が目に浮かぶ。
 女ながらドラムを叩いてきた、い〜ちゃんはもしかしたら泣き出すんじゃないかしら。
 ダンスの美華とみどりは、文字通り舞い上がることだろう。
 私がニヤニヤしながらそんなことを考えていると、プロデューサーが続けて言った。
「ただし、デビューできるのは君だけだ。うちの会社では女性ボーカルはひとりで売り出す方針だからね」

「キミちゃん。どうだった?」練習スタジオのドアを開けると、待ちかねた様子のみどりが飛んできた。
 他のみんなも練習の手を止め、一斉に期待に満ちた目で私の顔を見る。
「ええと……、あの、あのね……」
 うまく切り出せないでいる私の言葉をシンちゃんがさえぎった。「分かったよ。みなまで言うな。……駄目だったんだろう?」
「え〜、ガッカリ!」とたんに美華が落胆の声をあげる。
「今度こそイケると思ってたのにぃ」い〜ちゃんは今にも泣き出しそうだ。
「でも、あの……」
「いやいいんだ。また今度がんばればいいんだから。さあ、気合いを入れて練習だ!」
 さとしのこの一言で、スタジオは再び大音響に包まれた。

 結局、みんなには本当のことは言えなかった。
 言えるわけがない。全員駄目だったのならまだしも、私一人だけがデビューするだなんて。ああ、どうしたら……。
 こうなったら最後の手段しかない。私は悩み抜いた挙げ句、意を決してプロデューサーの部屋のドアを叩いた。
「こんな時間に、どうしたんだい?」
 部屋に上がり込んだ私は、六人でのデビューを精一杯懇願した。プロデューサーは私の一言一言を頷きながら聞いていたが、最後に発した言葉は非情なものだった。
「何と言われようと駄目だ」
 私はへたへたとその場に倒れ込んだ。
「可哀想だとは思うが、会社の方針だから仕方がないんだよ」
 私はしばらくの間うなだれていたが、おもむろに立ち上がるとブラウスのボタンに手をかけた。
「何をするんだ。そんなことをしたって無駄だ!」驚くプロデューサーが止めるのも聞かず、服を脱ぎ続けた私はとうとう全裸になった。
「どうです? これでも無理ですか?」
「……」

 数ヵ月後、男女三人ずつのバンド『Say-10-Count』はめでたく初登場第1位に輝いた。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 オチが分からない方は、バンド名をくり返し唱えれば分かります。日本でも最近認可されたみたいですね。……手術。
 登場人物の名前は『恋の証明写真』の犯人当てクイズにご応募下さったみなさんです。
(1999/4/2)

初出

ショートショートその他のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr