ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

世界はふたりを中心にまわる

ショートショート数のショートショート

世界はふたりを中心にまわる   玉生洋一

 ずっと一緒にいたいと願う相手がいる一方で、一秒でも同じ場所の空気を吸っていたくないほど嫌いで嫌いでたまらない人間というのも存在する。
 おれに対するあいつが、まさしくその人間だった。どのくらい気にくわないやつかというのは、とても一言では言い表せない。別に恨みがあるわけではないのだが、とにかく恐ろしいほどに性が合わないのだ。
 しかし、そんな風に思っているやつほどなぜか縁があるもので、小中学校はともかく、高校、大学、大学院まで一緒。今は研究室こそ違うが、同じ分野の学者として生活しているのだ。
 あんなやつに研究で負けるわけにはいかない。おれはやつを出し抜くことだけを生き甲斐に、研究に精を出した。早くこの研究を完成させて、やつとの腐れ縁を断ち切ってやる!
 その執念の甲斐あって、とうとうその研究が実を結ぶ日が来た。
「くふふ。あいつの悔しがる顔が目に浮かぶぜ」
 おれは自然に緩む顔をおさえつつ、長年の研究の成果『壁抜けスーツ』を着込んだ。
 その名の通り、これを着れば壁でもなんでもすり抜けてしまうのだ。ノーベル賞など問題にならないほどの大発明である。
「さっそくテストだ」スーツを着込んだおれは、腰の部分にあるスイッチを押した。ブウンという音と共に、スーツが作動する。
 試しに目の前の机に触ってみると、右手はするりと机をすり抜けた。
「やった、成功だ!」
 しかし、喜んだのはほんの束の間だった。次の瞬間、おれの体は床を突き抜け、階下の部屋に出現した。そして、さらにその階の床までも突き抜ける。
 おれの研究室は八階だ。このままでは危ない。おれはスイッチを切ろうと腰の辺りをさぐった。だが、おれの手は腰さえも突き抜けてしまう。
「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
 絶叫と共におれは地面へと叩きつけられた。……のだが、体は地面さえも突き抜けた。さらに落下速度は増していく。
 もう助かる術はない。
 おれは覚悟を決めた。こんな形で死ぬのは残念だが、精一杯やった結果なのだ。悔いはない。やつを出し抜けただけでも意味があったではないか。6380キロの飛び降り自殺は世界一だろう。残念ながら記録には残らないが。
 数回の振幅運動を繰り返した後、おれは完全に静止した。視界は真っ暗だったが、ここが地球の中心だということは間違いない。地球の中心は超高温の溶鉱炉と同じ……という説はどうやら間違いだったようだ。おれはこの闇と静寂の地中で、孤独に死んでいくのだ。
「誰かいるのか?」
 おれがため息をもらしたその時、突然暗闇の中に声が響いた。
 まさか、こんなところに人が? 助かったのか?! おれの前には一瞬希望の光が灯ったが、その光はすぐに前以上の闇に覆われた。

 それはやつの声だった。やつも研究を完成させ、おれと同じ目に遭っていたのだ。

 おれは餓死するまでの間、よりによって一番離れたかったやつとふたりきりで過ごすはめになった。
 しかも、世界中のどんな恋人たちもうらやむほどに、お互いの体をひとつに*重ね*あわせて……。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 スタートレックTNGに「異次元に入ってしまって壁でも人間でもすり抜けるようになってしまう」という話があるんですが、 「なんで床はすり抜けないんだ!」という疑問を多くの人が抱いたと思います。
 この話は「そのあたりを誤魔化さないで描いたらどうなるのか」と考えて書きました。
「呼吸はできるのか」「声は出せるのか」等、まだまだ疑問はつきないわけですが。
 ラストの状態を想像していただけた方には楽しんでいただけたようです。

 この作品のショートバージョン『高笑い』もどうぞ。わずか9行です。
(1999/3/1)

初出

ショートショート数のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr