ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

星の食糧事情

ショートショート星のショートショート

星の食糧事情   玉生洋一

「さて、まもなく到着だ。惑星についての調査報告を聞かせてもらおうか」
「はい。無人探査船が多くのデータを持ち帰っております。まずどの分野についてご報告しましょうか」
「そうだな。まず『食』についての情報を頼む。我々の目的は、その星の知的生命体と平和的交流を持つことだ。そのためにはまず同じ物を食べてみせて信頼感を与えるのがいい」
「探査機が料理のサンプルを持ち帰っています。食べてみますか?」
「人体に害はないんだろうな」
「はい。ただ、少量しか採取できなかったので、具体的にどんな料理なのかは分かりませんが……」
「……ペッ、ペーッペッペッ!! なんだこれは! こんなものをこの星の住民は食べているのか?」
「はい。『レストラン』と書かれた建物の入口に陳列されていたものなので、間違いないでしょう」
「なんて味気ない食事なんだ……。まぁ、我慢して食べるしかないか。モグモグ……」
「……!! 隊長、申し訳ありません! たった今、無人探査2号機が持ち帰ったデータによりますと、それは食糧ではありませんでした!!」
「ペーッペッペッペッペぺペーーーーッ!! なんだと!? ではこれは何なんだ?」
「それはただの見本品でした。現地の言葉で『ロウ』と呼ばれる物質でできています。入口でその見本を見て、現地人は何を食べるのかを決めるようです。も、申し訳ありません!」
「ペッペッ! ……まあいい。では、この『ロウ』とやらで作られた形と同じものが、この星の食糧というわけだな」
「そういうことになりますね」

『──ピピピピピピ! マモナク到着シマス』

「……おっ、着いたのか。時間もないことだし、報告はもういいだろう。では、皆に命令だ。この星の食糧に早く慣れておく必要がある。食糧を見つけたら、とりあえずどんどん口にするのだ。『ロウ』という物質で作られた見本が陳列してあるそうだから、どれが食糧かはすぐに分かるだろう」
「ハッ、了解しました!!」

 かくして、1隻の宇宙船は東京タワーの3階──『ロウ人形館』に降り立った。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 レストランのショーウィンドウのロウ細工料理は本当においしそうにできてますよね。ちなみに最近はビニール製に変わってきているそうです。
 ラストはスター・トレックの「転送」のように機体が現れたと思って下さい。
(2000/4/13)

関連リンク

初出

ショートショート星のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr