ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

洗剤惑星

ショートショートSFショートショート

洗剤惑星   玉生洋一

「宇宙人は果たしているのか!?」
 それを確かめるために、男はナスカの地上絵の近くで研究を続けていた。
 ナスカの地上絵……広大な地面に描かれた、宇宙からも見えるほど大きなその絵は、いつ誰が何のために描いたものなのか、すべてが謎に包まれている。
 だが「だからこそすべての謎を解く鍵はここにある」と男は確信していた。
 宇宙人と会うための方法は、きっとナスカの地上絵に隠されているに違いない。
 男は強い信念のもと、人生を投げうって研究に没頭した。しかし、研究はなかなか思うように進まなかった。
「地上絵はUFOの着陸場所である」という説にのっとって、あらゆる場所であらゆる信号を発信してみた。だが、空には何も現れなかった。
「消えかけていて宇宙人によく見えないのではないか」と思い、地上絵をライトアップしてみた。だが、莫大な費用がかかっただけだった。
 何の成果もあがらないまま、虚しく数十年が過ぎた。ある晩、男は星空に向かって叫んだ。
「宇宙の同胞たちよ! なぜ姿を現して下さらないのです? この広い宇宙の中で、地球だけにしか生命がいないとは到底考えられない。なのになぜ、私たちだけが仲間外れなんですか!」
 しかし、空からの返答は静寂だった。男は「ヌガァー」と叫び、スコップを片手に駆けだしたかと思うと、地上絵を片端から埋め始めた。ついに発狂したのだ。
 男は幾日もかけてひたすら地上絵を消していった。まるで気に障る絵をビリビリと破り捨てるかのように。
 作業がすべて終わった時、空のかなたからUFOの一団が現れた。だが、力つきて倒れた男がその光景を目にすることはなかった。

 遙か遠くの星のテレビ画面。
 地球の映像をバックに、女の宇宙人がにこやかに喋っている。
「奥様、ご覧下さい。『混ぜるな危険』の文字が消えました!」






評価

面白かった→

作者からひとこと

 洗剤のCMを見ていて思いつきました……と書けばそれらしいですが、実際は満員電車に揺られているときに考えました。その後、化学反応が起きたかどうかは知りません。
 ナスカの地上絵にはいつか行ってみたいものです。皆さんは地球外生命はいると思いますか?
(1999/8/21)

初出

ショートショートSFショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr