ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

転人生

ショートショートその他のショートショート

転人生   玉生洋一

「もう、死んじまおうかな……」

 深夜営業の風呂屋。カズオは仮眠室でぐったりと横になりながらぽつりとつぶやいた。
 確かにカズオは恵まれない人生を送ってきた。女にももてず、金もない。将来の夢もなければ、毎日生きていて特に楽しいこともない。
 特に切羽詰まった不幸があるわけではなかったが、それもまた問題だった。
 自分の行く末にはつまらない未来しか見えない。つまり、人生に張り合いがないのだ。
 希望のない人生を生きることにつくづく嫌気がさしてしまった……。

「では、死ぬ前に別の人生を生きてみたらどうじゃ?」
 いつしかうたた寝を始めたカズオの夢の中に、眩い光と共に神様が現れて言った。
「お前が目覚めて最初に触れた人間と、心だけを交換してやろう。どんな人間にも1度だけ転人生できる権利があるのじゃ。別の人間になれれば、今の人生にはない新しい世界が開けるじゃろう……」

 はっと目を覚ましたカズオは、ぼんやりと今見た夢のことを考えていた。確かに、他の誰になっても今の状況よりはマシだ。新たな困難もあるかもしれないが、それすらも新鮮に感じることができる。少なくとも当分は死のうなどとは考えないだろう。
 そう考えると、カズオはなんだか胸がわくわくしてくるのを感じた。こんな気持ちになったのは久しぶりだ。夢の中の神様の言葉が本当かどうかは分からない。だが、信じてみるのも面白いじゃないか。さて、誰と人生を交換しようか。
 そうつぶやくと、カズオは勢いよく立ち上がった。

「わッ!!」

 次の瞬間、カズオは床の上をごろごろと勢いよく転がった。薄暗い仮眠室で、誰かと衝突してしまったのだ。
「え……? タクヤ……!?」
 カズオが状況を飲み込んだ時にはすでに遅かった。カズオの手はしっかりとタクヤの肌に触れていたのだ。

   *   *

「はぁ〜。もう、死んじまおうかな……」

 カズオは鏡を見ながら肩を落とした。
 あの夢が本当だったのかどうかは、もはやどうでもいいことだ。タクヤもカズオと同じ風呂上がりだったため、共に裸にタオル一枚だけという姿。しかも、2人で天地が分からないほど床を転がったときている。神様の言葉の真偽は分からなくなってしまったのだ。
 はっきりしているのは、カズオに与えられた権利がパーになったということだ。
「よりによって、お前も来てるとは……」

 双子の弟の肩を叩きながら、カズオはため息を繰り返すのだった。






投票をお願いします

面白かった→

作者からひとこと

▼もともとは殺人計画がらみの話だったのですが、選考担当者に「長過ぎる」と文句を言われたため、思い切って短縮・単純化しました。
▼元ネタはいわずと知れた↓この作品です……。
http://tbook.net/wiki/index.php?%C5%BE%B9%BB%C0%B8

(2006/9)

初出

ショートショートその他のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr