ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

未練ニアム

ショートショート恋愛ショートショート

未練ニアム   玉生洋一

「元旦に籍を入れたの。ミレニアムウェディングよ」

 彼女にそう言われた時から、僕はただ星を眺めている。
 もう、とうの昔にふっきれたつもりだったのに。

 何年も前に愛した女。
 確かに、彼女に別れを告げられたときはショックだった。
 だが、今の僕には心から愛しあうことのできる別の女がいる。
 彼女がどんな男と結婚しようが、僕には関係ない。
 そのはずだったのだが……。

「だって『始まり』ってカンジがしていいじゃない?」

 なぜ元旦に結婚したのかという僕の問いに、彼女は屈託のない笑顔でそう答えた。
「ってカンジ」。昔からの彼女の口癖だった。
 ノリだけで生きている女。本来なら僕が最も嫌うべき人種だ。
 だが若かった僕は、どんなぬくもりにでも頬を寄せる仔猫のように、フラフラと彼女に引き寄せられていった。
 そして、今でもその手の中から逃れられずにいるらしい。

「それに、2000年1月1日って区切りがいいし、覚えやすいってカンジしない? エンギもいいし」

 僕の胸はズキンと傷んだ。
 かつて、僕も彼女にプロポーズしたことがあったのだ。
 僕の懸命なプロポーズに対し、彼女は素っ気なくこう答えた。

「う〜ん、今日って9月9日じゃない? プロポーズをOKする日としてはエンギ悪いってカンジ。せめて10月1日だったらよかったのに」

 星が瞬くのと同時に、僕の頬をあたたかいものが伝り落ちた。
 悲しかった。何年経っても変わることのない彼女の性格が。
 無性に悔しかった。そんな彼女が幸せな結婚をしたということが。

「○×〓秤噸@櫨※鋪¥罷鵬▲!!!!!!」

 僕が頭の中で言葉にならない思いを叫んだ時、ちょうど空をひとつの流れ星が横切った。
 その流れ星はなかなか消えなかった。
 それどころか、たちまち大きくなると僕の家の庭に降り立った。

   *   *

 2000年1月22日。
 地球人と異星人のコンタクトが始まった記念すべき日である。
 地球は宇宙連邦に参加。僕は初めて宇宙人と接触した地球人として、宇宙省の重要なポストに就くこととなった。
 初の記者会見。僕は大勢の記者達の前で、マイクに向かうと口を開いた。
「宇宙連邦の規律に従い、これからは地球の暦も宇宙歴で統一することにします。西暦での今年の元旦は、宇宙歴だと19万9999年19月99日にあたります。もうすぐ十万年紀の『終わり』ってワケです。あははははははははははははははははは」
 僕の笑い声は、衛星中継で全世界へと響き渡った。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 2000年を迎え数多くのSF作品の賞味期限が切れましたが、この話の賞味期限もすでに切れてしまいました……。
 千年前の藤原道長もミレニアムなんて知らなかったでしょうし、案外次のミレニアムはすぐに訪れるかもしません。残り数年かもしれない2000年代ですが、皆さんよろしくお願いします。
 元旦に籍を入れた皆さん、ごめんなさい! フィクションですよ……。
(2000/3/21)

初出

ショートショート恋愛ショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr