ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

命の金庫

ショートショート命のショートショート

命の金庫   玉生洋一

「この金庫を開けた者に、わしの財産のすべてをやろう」
 大富豪リッチ氏のこの発表をテレビで聞いたとたん、男は布団から飛び起きた。
 金! それが男の今一番欲しいものだった。
 汚いアパート暮し。風呂に入る金もなく、頭の上を常に蠅が飛び回る……そんなひどい生活とオサラバできるかもしれない。
 男は淡い期待を胸に家を飛び出した。

 男がリッチ邸へ着くと、そこはすでに多くの欲深い人々でごった返していた。
 金庫のある部屋へはひとりずつしか入れないらしく、入口からは長い列が伸びている。
 中には男のように単に金欲しさだけで来た者もいれば、プロの鍵師や金庫破りもいた。しかし、皆ことごとく頭をうなだれて部屋から出て来る。
 どうやらかなり厳しい金庫らしい。
「まぁ、ダメでもともとだ」男は列の最後尾に並んだ。

「本当にあの金庫は開くんですか?」
 リッチ邸の一室。側近がリッチ氏に尋ねた。
「もちろんじゃとも。私はもちろん、誰にでも開けることができる」
「しかし、すでに5万人以上がチャレンジしましたが誰も歯がたたないようです。ある鍵師は『あの金庫を開くのは不可能だ』と断言しました」
「そうだな。お前には教えてやろう。……実はあの金庫の鍵は『命』なのじゃ。鍵穴に指を入れると、その人物の生命を吸い取り開くという仕掛。これでは、開けて財産を手に入れることは誰にもできまい」
「そうだったのですか。ですが、それではご主人様自身にも開けられないのでは……」
「中に入っているのはわしの財産を譲るという遺言を書いた権利書じゃ。あの金庫ははわしの死期が来るまでは絶対に開かないというわけじゃよ」
 リッチ氏はそう言うと、高らかな笑い声をあげた。

 カチャリ。
 男の目の前で軽い音をたてて、重い金庫の扉が開いた。
「やった、これで財産はおれのものだ! しかし、やけに簡単に開いたな……」権利書を握りしめながら、男はポリポリと頭を掻く。
 鍵穴の中では今、一匹の蠅が臨終の時を迎えていた。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 おなかの大きい人を主人公にしようとも思ったのですが、あまりにもなので……。
 単純な話ほどウケがいいです。あたまをひねるオチも好きなんですが……。
(1998/4/2)

初出

ショートショート命のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr