ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

欲深い女王

ショートショートその他のショートショート

欲深い女王   玉生洋一

 あるところに欲張りな女王がいた。
 女王は金に物をいわせて、あらゆる欲しいものを手に入れたが、そんな女王にも簡単には手に入れられないものがあった。
 それは「若さ」だった。美容手術を施してはいたが、さすがに45才ともなると無理が出てくる。
 そんな女王の前に、ひとりの魔法使いが現れた。魔法使いは懐から茶色の瓶を取り出し、女王に差し出しながら言った。
「今日は女王様にいいものをお持ちしました」
「若返りの秘薬ですって!? 安全な薬なんでしょうね」
 女王は薬瓶の中から一粒の錠剤を取りだすと、側にいた番犬にのませた。
 煙と共に犬は、たちまちくたびれた老犬になってしまった。
「なんじゃこれは!!」
「最後までお聞き下さい。これは年齢を四捨五入する薬でございます。その犬は何歳でした?」
「5才です」飼育係が答えた。
「では、その犬は今10才になったのです。1粒のめば年齢の一の位が四捨五入されるのです。一の位が1〜4の方がのめば若返ります」
 試しに4才だという番犬に薬を飲ませてみると、その犬はたちまち生まれたばかりの小犬へと変身した。
「おお! 素晴らしい効き目じゃな。ええと、ワラワがのむとすると、今45才だから……50才になってしまうではないか! なんでもっと早く薬を持ってこないのじゃ!!」
「ご安心を。10粒のめば年齢の十の位が四捨五入されるのです」
「ええと、ワラワがのむとすると4が繰り下がるから……もう一度、人生をやり直せるわけじゃな! 素晴らしい、ぜひ売ってくれ! いくらじゃ?」
 女王は瓶から無造作に10数粒の錠剤を取り出した。
「お待ち下さい! のむのはきっかり10錠にして下さい!」
「少しくらいいいではないか。ケチくさいことを言う男じゃのう」
「薬が惜しくて言っているのではありません! 11錠のんだ場合、もし体が『1+10』と認識してしまったら……」
 しかし、すでに女王は薬を飲み干していた。

 数年後、女王の訃報が国中に流れた。
 女王はある日、100粒の薬を一度にのもうとして窒息死してしまったという。
「ここ数年姿を見なかったが……。何でそんな無茶なことをしたんだろう?」
 国民は頭をひねるばかりだった。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 この作品はかなり形にするのに苦労しました。本当はもっと複雑な恋愛話だったのですが、分かりにくかったので結局単純化してしまいました。考えオチなところは変わっていないので、「1+10」をよ〜く考えてみて下さい。
 あなたは繰り上げと繰り下げではどちらが似合う人ですか?
(1999/6/27)

初出

ショートショートその他のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr