ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

恋の証明写真

ショートショート恋のショートショート

恋の証明写真   玉生洋一

 幸せの絶頂にいたあたしは、その封書を開けたとたん絶望の淵に立たされた。

 郵便受けに入っていたその封書の中には、つき合い始めたばかりの彼の写真が入っていた。ただし、ひとりではない。写真の中の彼は見知らぬ女とキスをしていたのだ。
 あたしの頭にはたちまち血が上った。確かに彼はプレイボーイとして有名だった。この町で彼とつき合ったことのない人はいないんじゃないかとウワサされるほど色々なコに手を出していたのも知っている。
 でも、あたしとつき合うことになってからはそんなことは一切ないと思っていたのに……。

 ようし。そっちがその気なら!
 あたしは同級生のヨウくんに電話をした。ヨウくんが前からあたしに好意を持っているということは分かっていたのだ。

   *   *

 次の日。あたしは後悔していた。
 浮気をやりかえしたってちっともすっきりなんかしやしない。やはり彼にひとこと文句を言ってやらなければ。
 ちょうど彼から会おうと電話があったので、私は待ち合わせの喫茶店で彼を待った。彼が来たらこの写真をつき出してやろう。彼はきっと「何かの間違いだ」としらばっくれるに違いない。でもちゃんと写真があるんだもの。グウの音も出ないようにとっちめてやる!

 彼が息を切らせて店に入って来た。待ってましたとばかりに写真をさし出そうとしたあたしの目の前に、彼の右手が先に突き出された。
「どういうつもりなんだ!」
 その手には、あたしとヨウくんがキスをしている写真が握られていた。
「さっき郵便受けに入ってたんだ。説明してもらおうか」
 あたしはうろたえた。まさか昨日のことが隠し撮りされていたなんて!
「な、何かの間違いよ」
「何言ってやがる。こうしてちゃんと写真があるんだぞ!」
「じゃあ、これは何だって言うの! こっちにだって写真があるんだから」
「うっ」
「あたしの浮気の原因はあんたにあるのよ。もうあんたなんか信用できないわ!」
 このひとことがあたしを優位な立場にした。彼はたちまち弁解を始めた。
「悪かった……。でも、一番好きなのはキミなんだ」
「おきまりの台詞ね。そんなの信用できるもんですか!」
「頼む。信じてくれ」
「じゃあ、それを証明してよ。できる?」
「ああ。できるとも」
 彼は自信満々に答えた。
「その写真を見てすぐにここへ飛んできたのが何よりの証明だ。カレのところじゃない。キミのところへだぞ!」

 あたしは絶望の淵から転落した。
 この町で彼とつき合ったことのない人はいない……。
 町のウワサは真実だったのだ。






評価

面白かった→

作者からひとこと

 タイトルは結構強引なんですが……(なんだか三題噺みたいになってきました)。
 クイズつきです。そちらもどうぞ。(1999/2/9)

おまけクイズ

2人に写真を送ったのは誰でしょう?(いいかげんなクイズです)

初出

ショートショート・メールマガジン」第7号(1999年2月2日号)

ショートショート恋のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr