ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

恋の診療所

ショートショート恋のショートショート

恋の診療所   玉生洋一

「……診療所をやりませんか?」
 突然そう切り出されて、有川重彦は驚いた。
「おいおい。おれは作家であって、医者じゃないんだぞ。なんでまた……」
「ですから、連載をお願いしたいんですよ。タイトルが『恋の診療所』」
 早い話が、週刊誌の『恋愛相談』コーナーの依頼だったのだ。読者からの悩みに知識人が答えるというおなじみのあれである。

「とうとう来たか……」重彦はため息をついた。たいていの場合、こういうものは「一度は名が売れたが今はヒマな人物」つまり、落ち目の人間にまわってくるものなのだ。
「おれは創作活動で忙しいんだ。そんなものはよそに頼んでくれ!」
 本当はそう言って断りたかったのだが、生活のためには仕事をして稼がなくてはならない。結局重彦はその依頼を引き受けた。

 かわいそうなのは、真剣に相談の手紙を送ってくる読者たちである。
「私はある女性と道ならぬ恋に落ちてしまいました。真剣なんです。どうしたらよいでしょう。(37才・男性)」という質問にも、「一度踏み外した道ならどんどん外れなさい。人の前に道はない。あなたの後に道ができるのです」などとテキトウに答える始末。
 編集者が「もうちょっと親身になって答えて下さいよ」と懇願しても、重彦は耳を貸さない。
「うるさい。まるで関係のない他人に親身になったりできるものか」

 だが、ある日重彦が打ち合わせから帰ってくると、妻の姿が消えていた。
 テーブルの上には「道を外れます」とひとことだけ書かれた置き手紙が。
 重彦はただ茫然と立ち尽くしていたが、しばらくしてぽつりとひとこと。
「いやいややってきた連載だったが、たまには役に立つこともあるんだな」






評価

面白かった→●

作者からひとこと

 シリーズ初のハッピーエンドでお届けしました。
 なのに後味が悪い?
 そうでしょうねぇ……。(1999/4/2)

英語版

初出

ショートショート・メールマガジン」第11号(1999年3月2日号)

ショートショート恋のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr