ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

20080806/広島は軍都だったから原爆を落とされてもしょうがない?

1分つれづれ戦争反対

広島は軍都だったから原爆を落とされてもしょうがない?

今日は63回目の原爆忌。

私が子供の頃には
「罪のない数十万人の命を奪った原爆」
という印象が強かったものですが、
最近の教科書の中には

「広島は軍都だったから原爆を落とされても仕方がなかった」

などと「そもそも日本が軍備を持っていたのが悪い」かのような
論調のものが登場しているそうです。

ええ〜〜〜? ちょっと待ってください。
そもそも、アメリカが原爆投下の候補地として当初あげていたのは全国17都市。
選考基準の1番目にあげられていた条件には
「市街地が約4.8キロメートル以上の直径を持つこと、
 また市街地周辺にも居住地が広がっていること」
とあり、最初から市街地を標的としていたことがわかります。

そのほかには

  • 原子爆弾の「爆風の効果」が分かるような地勢であること
  • 空爆によって破壊されていないこと(東京は空襲で破壊されていたので除外)

といった条件があり、いずれも原爆が詳細なデータを得るための
人体実験であったことを伺わせます。
最終的には「京都、広島、小倉、新潟」の4都市に絞られ、
「京都は盆地だからデータを取るのには最適」
という意見も多数あったが、終戦後の日本人の反発を恐れて
広島になったとのこと。

「軍都だった広島を正義のアメリカが新型爆弾でやっつけた」なんて
わけでは全然ないのです。

こうして公式文書から原爆投下の経緯をたどれば分かるように、
原爆投下は民間人を標的とした戦争犯罪であり、非人道的な人体実験です。
イラク戦争では米軍による「民間人の誤爆」を咎めるニュースが話題になりましたが、
広島では計画的に民間人を十数万人も殺戮しているのだから
比較にならないくらいの大罪のはず。

アメリカ人の認識でも「戦争を終わらせるためには仕方なかった」などと
いうものが大半で、原爆投下不要を唱えたアイゼンハワー将軍(後の大統領)ら
の発言が顧みられることはなく、もちろん謝罪などありません。

アメリカを無意味に糾弾しろとは言いませんが、
非道な出来事は語り継ぐべきだし、歴史をねじ曲げて
「日本が悪かったんだから仕方ない」で済ませていたら
真の国際平和の実現からはどんどん遠のいていくだけでしょう。

歴史事実の正しい認識こそが平和への第一歩。
歴史教科書は複数冊の使用を義務付けて、記述の違いを考察させないと
いけない時代になったんじゃないでしょうか。

日本国内でさえも「広島・長崎」への注目度がどんどん薄れてきている昨今。
世界中の人々が「広島・長崎」で起こったことを正しく認識できれば、
核根絶に一歩近づくんじゃないかと思います。

広島に原爆が落ちたのは軍都だったからだ 81 実験場所に適していたからだ 25 

(2008/8/6)

このページをシェアする
Share on Tumblr