ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ
→[縦書きで読んでみる]

Windows8 倍速・時短技 ユーザー・ハンドブック

  • このページは、書籍『Windows8 倍速・時短技 ユーザーハンドブック』(玉生洋一著/秀和システム刊)のサポートページです。「http://jitan.tbook.net」でアクセスできます。
  • Twitterアカウントでもサポート情報等をツイートしています。お気軽にフォローしてください。
    • @jitan007(本書サポート用アカウント)
    • @tamao(著者・玉生のアカウント)

コンテンツ・ピックアップ

Windows8 倍速・時短技 ユーザー・ハンドブック』書籍情報

  • 玉生洋一(たまおよういち)著/秀和システム刊
  • A5判、2色刷336ページで1000円+税!
  • Windows/Office/Google/各種Webサービス対応
  • 発売日:2013年5月24日

本書のご購入

本書の内容紹介

【知っているだけで作業が何倍もはかどる驚異の時短テクニック】
【パソコン作業をスピードアップする「ショートカットキー」や「役立つWebサービス」を網羅】
【Windows8以外のOSをお使いの方にも役立つ内容が満載】

まえがきより

 パソコン操作の無駄を省いて、今までより何倍も速いスピードで作業を終わらせたい! そんな願いをかなえるために、本書には覚えておくだけで作業時間が大幅に短縮できる「ショートカットキー」「環境カスタマイズ術」「役立つWebサービス」の数々をふんだんに盛り込みました。

 Windows8の大きな特長は、画面を指で触って操作するタッチパネル機能に対応していること。しかし、タッチパネル式のパソコンはまだあまり普及していません。「タッチパネルがなければWindows8の能力は発揮できない?」いいえ、キーボードがあれば問題ありません。そんなときこそ、特定の組み合わせのキーで命令を実行する「ショートカットキー」の出番なのです。
 マウスでクリックしたり、指でなぞったりする操作は、わかりやすい反面、非常に無駄が多いものです。パソコン歴が長い人の手は、キーボードからほとんど離れることがありません。例えば、[Win]キーを押しながら[C]キーを押せば、チャーム画面を一瞬で開けます。キー操作さえ覚えておけば、マウスやタッチパネルよりもはるかに速く確実に作業を行えるのです。

 また、作業の効率アップに欠かせないのが「環境のカスタマイズ」です。パソコンを購入時のままの設定で使うのは、とてももったいない行為。例えば、よく使用するアプリはショートカットキーで一瞬で開けるように設定しておけば、作業が快適に進みます。また、複数の操作を記録しておいて、いつでも1クリックでまとめて実行できるように設定することも可能です。

 近年進化し続けている無料の各種「Webサービス」も、時短生活に大いに役立ちます。本書では、一瞬で目的の情報を呼び出せるWeb検索術から、知らなきゃ損する便利なWebサービス、「Twitter」「Facebook」「LINE」等の巷で話題のサービスの快速利用術まで、さまざまな情報を紹介しています。

 「塵も積もれば山となる」ということわざの通り、たった1つの技を覚えておくだけでも、繰り返しその技を使うことで短縮できる時間は膨大な量にのぼります。本書によって、パソコンを使うすべての人が時短操作の達人となり、節約した時間で有意義な生活を送られることを祈っています。

2013年5月   玉生洋一

サポート情報

  • 技184で紹介している、シンプル操作でメモがとれるWebサービス「Catch Notes」が2013年8月で終了してしまいました。代わりに利用できるWebサービスはこちら→シンプルなオンラインメモサービス4選(2013.10.23)

お知らせ

  • 本書の無料プレゼントキャンペーンを行いました。ご応募いただいた皆様ありがとうございました→メディアマーカー | 献本PR(2013.6.27)
  • 「本書の内容紹介(まえがきより)」を掲載しました。(2013.6.20)
  • 「書籍情報」と「本書のご購入」コーナーを掲載しました。(2013.6.18)

仕事

このページをシェアする
Share on Tumblr