ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#include2(SS/戻り先,,none)
 [[ショートショート]]>恋のショートショート>恋のジョージおじさん
 ※この作品は『恋のジョージおじさん』の別バージョンです。
 
 *恋のジョージおじさん 「因果応報」編   玉生洋一 [#i7c727a6]
 
 (前略)
 
  ふと気がつくと、綾子は病室の白いベッドの上に横たわっていた。
 「ここは……?」「気がついたんだね。良かった」「ジョージ……おじさん!」
  綾子はたまらず、おじさんの胸に飛び込んだ。待ち望んでいたぬくもりを感じながら、綾子は泣き続けた。おじさんはやさしく綾子の頭をなでる。
 「トムが……、トムがあたしのことを……」
 「……許してくれとは言わない。どんな償いでもするよ」
 「ううん。おじさんがそんなことを言う必要はないわ。うふふ……。おじさんはやっぱりトムとは違ってやさしいのね。……今はっきりと分かったわ。わたしにはやっぱりあなたしかいない。ジョージおじさん、お願い。わたしと結婚して!」
 「……それはできない」
 「どうして?」
  そこにドアが開き、ひとりの青年が入ってくる。
 「トム! よくもあたしをこんな目に……!!」
  青年につかみかかろうとする綾子。それを止めるおじさん。
 「離して! やっぱりおじさんはトムのかたを持つのね! 父親だものね。だから、結婚だってできないって言うのよね!」
 「それは違うよ……」そう言うと、おじさんは綾子に鏡を手渡した。 
  それを覗き込んだ綾子はショックのあまり失神しそうになった。
 「驚くのも無理はない。君は20年の間、意識を失っていたんだ。……私はトムだよ。これは私の息子だ」
 「そんな……! じゃ、ジョージは? ジョージおじさんはどこ?」
 「ジョージは……親父は死んだよ。数年前にガンでね」
 「……!」
  わっと泣き崩れる綾子。愛するジョージはもういない。それどころか、ジョージへの愛はまやかしだったということが、トムとジョージを間違えたことから証明されてしまったのだ。そして失った20年の人生。今更悔やんでも取り返しが付かない。
  ひとしきり泣いた綾子は、ふとトムの息子と目が合った。
  綾子は思った。「ジョージおじさんは死に、トムはもう結婚してしまったけど、この子はまだフリーよね。ジョージやトムの血を引いているなら、女性の好みも同じ筈。そうよ! わたしにはまだ希望があったわ!」
  綾子はトムに訊いた。「ねぇ、お子さんの名前はなんて言うの?」
  トムは息子を促す。「さぁ、お姉さんに挨拶なさい」
 「お姉さんって……!?」驚く綾子。
  トムは言いにくそうに口を開く。「実は……、君のことが忘れられなくて、君の面影を持った女性を散々探した挙げ句……」
  ガチャ。その時、ドアから申し訳なさそうに顔を出した女性を見て、綾子は悲鳴に似た声をあげた。
 「お、お母さん!?」
  トムは綾子のお母さんと結婚していたのだった。
 
 
 ~
 ~
 ~
 **評価 [#b775bf22]
 
 [&vote2(面白かったらここをクリック![461],nonumber,notimestamp);]
 [&vote2(面白かったらここをクリック![462],nonumber,notimestamp);]
 
 
 **作者からひとこと [#h55f4c28]
  目には目を、父には母を。
 (1999/11/11)
 
 [[ショートショート]]>恋のショートショート>恋のジョージおじさん