ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

家治

江戸時代

家治暗殺疑惑

  • 公式には水腫による病死とされているが、当時の古文書に「毒を飲んで死んだ」との記述がある。ヒ素を飲むと水腫ができる。
  • 田沼意次。奥医師を6日前に変えていた。田沼が連れてきた奥医師。大奥に貢いで意のままになる側室(お千保)を将軍の元に送り込む。
  • 側室お千保の方。お千保が生んだ世継ぎが家基。
  • 既に権力を手に入れているので田沼には動機がない。現に、家治の死後、権力を失っている。
  • 家治が死んで得をしたのは家斉。
  • 家斉は一橋家の出身。母親のお富の方は田沼が大奥から連れてきた。田沼は一橋家出身で、一橋家が田沼を失脚させる理由はない。
  • 家基は18歳で死亡。家が付いた徳川家の人物で将軍になれなかったただ一人の人物。徳川の田沼を敵対視。
  • 田沼が家基を暗殺。
  • お千保が家治を毒殺してその罪を田沼に被せることで復讐した。

参考

このページをシェアする
Share on Tumblr