ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ

命の選択

ショートショート命のショートショート

命の選択   玉生洋一

 突然の山崩れだった。
 たまには家族水入らずで山の温泉にでも……などと思ったのがつくづく悔やまれる。
 妻と幼い息子を乗せた車で崖の上の細い道を走っていた時、なんの前触れもなく頭上から土砂が降ってきたのだ。
 車は土砂で道から押し出される形になり、おれはたまたま開いた運転席のドアから外に投げ出された。
「うわぁぁぁぁ!」おれは必死に空中でもがいた。運良くそこには崖壁から伸びる木があり、おれはそれをつかむことに成功した。
 だが喜んではいられない。愛する妻と子の乗った車が、今まさに土砂と共にはるか谷底に呑み込まれようとしているのだ。もうとても助ける術はない。
 2人を失った人生なんて考えられない。「神様……!!」おれは必死に祈った。
「呼んだか?」神はすぐに現れた。驚くべきことだがそんなヒマはない……と思ったら落下している車は空中で停止している。時が止まったのだ。
「か、神様! 妻と子供を助けて下さい!」
 全身を神々しい光で輝かせながら神は言った。「残念だがわしでも奇跡を起こすのには限界がある。妻と子のどちらかだけを助けよう」
「なんですって!」2人のどちらかを選ぶなんて! おれは迷いに迷った。
「早くせんと術が解けてしまうぞ」
 神に促されておれは苦渋の決断をした。
「つ、妻を、妻の方を助けて下さい」
 神は尋ねた。「どうして子供でなく妻を選んだのだ?」
「子供は流産したと思えばいい……。親には子供を産む選択をする権利がある。逆に言えば、おれは妻の親じゃないから妻の命を奪う決断なんて下せない。そうでしょう?」
「確かにそうだな」神がそう言った瞬間時が動いた。土砂は谷底へと落ちて行く。しかし、車の姿はなかった。
 おれは急いで崖の上へとよじ上った。そこには車と共に妻と息子の姿があった。
「あなた……、何があったの?」
「パパ〜!」
 おれは目を疑った。息子も生きている! 神は2人とも助けてくれたのだ。
「あなた!」「パパ〜!」
 笑顔で駆け寄ってくる2人を、おれは無言ではり倒した。
「な、何するの!?」「うわ〜ん!」
「うるせぇ!」おれは妻をビンタしながら叫んだ。「お前がそんな女だったとは知らなかったぜ! 一体、本当の父親はどこのどいつなんだ!?」






評価

面白かった→●

作者からひとこと

 周りの人に同じ質問をすると、未婚男性の9割は「妻」と答えますが、女性はほぼ100%「子供」と答えます。さて、あなたならどうしますか?
 ぜひ感想のスミにでも書いて教えて下さい。(1998/12/31)

初出

ショートショート・メールマガジン」第2号(1998年12月22日号)

ショートショート命のショートショート

このページをシェアする
Share on Tumblr