ショートショート年表コラムお問い合わせサイトマップ


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#include2(SS/戻り先,,none)
 [[ショートショート]]>あるショートショート
 
 
 -縦書きPDFで読む→&ref(aru-kin.pdf);
 
 *ある禁煙   玉生洋一 [#a9cba600]
 
 #ref(aru-kin.png,nolink);
 
  禁煙っていうのは、簡単なようでなかなか難しいもんだ。
  くせになっているので、いつのまにかタバコに手をのばしてしまう。
 
 「どうにかうまいこと辞める方法はないものかなぁ」
  男がポツリともらすと、5才になるその娘が「じゃぁ、あたしのためにやめて」と言う。
 「どういうことだい?」
 「もしパパがおタバコ吸ったら、あたしが好きなものをやめることにするわ。あたしのことがかわいそうだと思ったら絶対に吸っちゃダメよ」
 「ようし分かった」
  男は何気なく娘と約束をかわした。
 
    *   *
 
 「あら、どうして残すの。大好物のはずでしょ」
  その日の夜。おかずのハンバーグをなぜか食べようとしない娘に、母親が聞いた。
 「あのね。さっき、パパがおタバコ吸ってたの。だからあたしも、ハンバーグ、大好きだけど食べないの」
  男は思わずゴホゴホと咳き込んだ。「参ったなぁ。見てたのかい? いいから食べなさい」
 「だって……、お約束したもん」
  確かにこんなことを愛らしい顔で言われたら、タバコなどもう吸えない。
 「分かった……、これからは絶対に約束を守るから」
 「じゃ、指切りよ」
  娘はこぼれるような笑顔と共に、小さな小指を男の前に差し出した。
 「ゆ〜びき〜りげ〜んま〜ん……」
  男は思った。ああ、おれは幸せだなぁ。
 
    *   *
 
 「パパ! パパ! 大丈夫!?」
  娘が勢いよく病室に飛び込んできたが、ベッドの上の男は返事をすることができなかった。
 「パパ! パパ……! ママ。どうしてこんなことに……!?」
 「何日か前、急にタバコを何箱も買ってきたかと思うと、狂ったように吸い始めたのよ。やめさせようとしたんだけど、どうしても言うことを聞かなくて……。よりによって何で今日、こんなことに……」
 「待って、パパが何か言ってる!」
 「や……くそく、ま……も……」
  娘は涙声で言う。「約束を守れなくてごめん……って言うのね? いいのよ。そんなこと。だから早く元気になって!」
 「ち…が……う……、ま……も…れ……。……………………」
 「ご臨終です」そばにいた医者が男の脈を見てから言った。
 「パパ〜!!」
  娘は父親に抱きつくと泣き崩れた。
  涙に濡れた白いウェディングドレスが眩しかった。
 
 ~
 ~
 ~
 **評価 [#m9111e0a]
 
 面白かった→&vote2(●[1264],nonumber,notimestamp);
 面白かった→&vote2(●[1310],nonumber,notimestamp);
 
 **作者からひとこと [#bf3b4083]
 
  娘がかわいくてかわいくてしょうがないというお父さん、将来に備えて、こんな約束をしておくというのはどうでしょう? 私はタバコを吸わないので、別の方法を考えます。
 「お父さん」に賛同してくださった皆さん、ありがとうございます。きっと魂も浮かばれることでしょう。ちなみに私には娘はまだいませんし、結婚すらしていません。女性読者の方々、ご安心を。(1999/5/6)
 
 **別バージョン [#ec31a7e0]
 -縦書きPDF版→&ref(aru-kin.pdf);
 -[[SOMETHING ABOUT GIVING UP SMOKING]](英語版)
 
 **初出 [#yc5278cf]
 「[[ショートショート・メールマガジン]]」第19号(1999/4/28号)
 
 [[ショートショート]]>あるショートショート